かさねの日常と見聞録。

四十路女の食べた買った+観た聞いた読んだ記録。スイーツと美容、関ジャニ∞の話多め。

2017.07.22 関ジャニ∞「関ジャニ'Sエンターテイメント JAM 」@京セラドーム

f:id:kasanekenbun:20170723153451j:image

 

 

初めてのQRコード付き紙チケット。ゲート番号だけ書いてあって、入場のとき係員さんがハンディ通すとレシートみたいなのくれて、そこに席番が。
初めての56通路、5階のバクステの真上。
全体がすごく見やすくて、レーザービームの演出がキレイだった!
以下個人的な感想だす。

 

ツイで前日熱中症気味?でしんどそうだったと見かけた忠義さん、
とにかくいてくれ!と言ってたら笑、無事いらっしゃいました。
金髪後ろ刈り上げ(刈り上げた後頭部さえ愛おしい♡)ツアーTを赤いタンクトップにしたお衣装、裾に全会場のワッペンついてる?

 

ハイスピから仕上がれ・ライオン・象・trafficととにかく手数の多い曲が続き、そりゃ熱中症にもなるわ!と納得。

ヤスくんは「茶髪の優くん?」て感じ。ヒナちゃんは前髪あげてて、申し訳ないがゴリラが増してた‥


「亮がそんなに汗だくなん珍しいなー」とヒナちゃんに言われるほど汗かいてた錦戸さん(確かに顔に汗かいてんの初めて見た)、
マルちゃんは心なしかお顔がほっそりしてる?
すばるくんは後ろ短くなってた。

 

カスッカスの声での錦戸さんの挨拶から侍唄・夢への帰り道は座って聴く。

Tokyoholic・7転び8起き・NOROSHIときてMCはセンステで。
マル痩せたよな?から体重の話してた。

 

今マルちゃんは62(ワイルドセブンの頃が最高で71)、よかーまくんは64、忠義は67〜8(一番太ってたのはナポリタンの頃で75、身体を大きくするために太ってたのに腰が悪化したとか)。

 

すばるくんは年々増えて51くらい(「あぶない放課後」の頃は本当あぶなくて36!)。
ヒナちゃんはあんまり変わらない、ヤスくんは俺節千秋楽頃に49までいったが今は51くらいまで戻ってきた、
錦戸さんは「強く強く強く」の頃60近くいったが(「曲みたいに強くなろうとしたん?」by忠義)また痩せてきてるから怖くて体重計乗ってないとか。


「ジャニーズの人みんな細いて言われるけど、食べたら食べた分だけ太るのもおるんやからな!」という忠義の声がリアルでした。

 

関8宣言(いや奇跡の人)、初めてフルで聞いたけど、長さも説教くささも込みでいい曲(≧∇≦)

 

2部はみんなキラッキラのアイドル〜\(^o^)/
しかもお衣装が全体的にちょいダサ(とってもジャニーズ的な)。
JAM LADY・罪夏でムービングセンステ→バクステで
楽しみにしてた DO NA Iがバクステ!


ギャーッとなったけど、ヤスくん相変わらずの全力ダンスで、後方に下がる時全く後ろ見ないんで落ちないかと本当ヒヤヒヤした‥
キン男・なぐりガキがお手ふりだったかな?

 

年上組のANSERはメインでステージが白・紫・赤の三色に分かれ(よかーまくんバンドの衣装も白だったし、ホント白い人は白が映える!)、
年下組のノスタルジアは忠義一塁、錦戸さん三塁から横方向のムービング!
バクステからのマルちゃんとメインから歩いてきたヤスくんとセンステで四人でダンス(コンテンポラリー風な、振り付け屋良っちかな?)、
ノーマークだったんですっごい良かった!!

 

全員揃って緑の透ける素材のお衣装でムービングでソリラブとWASABI、踊るねえ〜♡
からのえげつない、横からトロッコびゅーん、そう使うかと!
大好きな錦戸さんの「まるヤマァァア!!!!」が生で聴けて満足でした!!(≧∇≦)

 

ネバネバローションはヤスくん、
ネバネバ・ナントカナルサ・前向き ああ〜ライブ終わっちゃう〜と全力で踊るわたくし、
センステで爽やか極まりない 今 で締め。

 

アンコは浴衣で純情恋花火♡
忠義は白地に緑の柄、マルちゃんがえんじに黒と白の柄で本当に素敵!
紺地のよかーまくん、汗で濡れた前髪からこちらを見る瞳が本当色っぽかった!浴衣のゆうちん5割増し!!
花火も上がりましたドームなのに。

 

フロートでパノラマ・ズッコケ、
挨拶は真面目な口調のマルちゃんが「苦しいことも楽しいことも共有していきましょう」
私も共有したいヲタなんでジンとした‥

 

最後の曲は青春のすべて、セットしたお髪をぐしゃぐしゃにした忠義かわいかた‥


ヒナちゃんのいつものあおり、手つなぎ挨拶と銀テ。

ハケるときは忠義が「あいしてるぞー」錦戸「気をつけて帰ってねー」
すばるくん謎の高音(女児のような)で「ありがとうー」
マルちゃんハケる直前まで「せーのーで、パーン!」乱れ打ち。

 

そんな感じです、覚えてる限り。