かさねの日常と見聞録。

四十路女の食べた買った+観た聞いた読んだ記録。スイーツと美容、関ジャニ∞の話多め。

4/6家族旅行で小豆島へ②

f:id:kasanekenbun:20160407195019j:plain




瀬戸芸at小豆島、道には作品番号への行き方を書いた標識があちこちに出ていて、なんとなく105番の連作を目指す。

駐車場近くにいた近所の方に聞くと「あの掘っ立て小屋ね」と言われた作品、
久しぶりにナンジャコリャでした‥
私的には褒め言葉かもしれない、ナンジャコリャ。

106のヤノベケンジ氏の作品はおー!という感じ。
それよりも坂手港の建物に書かれた壁画がすごい!
そこで駐車場横の公園で遊んでた子供たちも合流、案内所の方がわかりやすく説明して下さり、こどもパスポートも下さったので105の連作の続きと107の大モノを見に山側へ。

その時案内所内に絵本の置かれた子供スペースがあり、ヤノベ氏の絵本を読んでから「向こうにこのドラゴンいるよー!」とあおったら
次男一目散に走ってった‥
動機付けって大事ですね。

山側は家と家の間をすり抜けて進むダンジョンコース、スタンプラリーのスタンプ欲しさにつき進む我ら。
一昨年行った伊吹島を思い出しました。

それで見た107のビートたけし×ヤノベケンジ氏の作品は、うん、デカい‼︎
多分動きそう(あとで調べたら動くようです)。

股関節が痛いとブーたれる長男を
「ありがとう満喫した、余は満足じゃ!」とねぎらいながら車に戻り、夫が見たいと言う98を見に醤の郷地区へ。

駐車場前のトイレも作品でしたが写メれず(作品番号96番)。
98、清水久和氏『オリーブのリーゼント』大変ラブリーでした!
ここで早くも来年の年賀状用の家族写真を撮る。
ボランティアガイドの方が出てきて下さり説明してくださったので、
ついでに97も見る(子はこどもパスポートで無料、大人は有料)。
ようやく絵を見たね、と夫と言い合う。


で、松潤がしやがれで来ていた井上誠耕園でオリーブオイル買ってみかんソフト食べて、
小豆島ど定番観光地のエンジェルロード見て、
シブがき隊が流れる土産物屋(多分中、韓国の方向け)でお土産とゴマ油買って(土庄にゴマ油工場あるらしい)、
17:30土庄港発のフェリーに乗り、
途中高松のくら寿司で晩ごはん食べて、20時半自宅着。


午前中はど定番巡り&午後からはぶっつけの瀬戸芸鑑賞でしたが大変楽しかったです。

小豆島は作品数多いし広いのでもう一回行きたいなー、ガイドの方も「次回はぜひ泊まりで」と言ってました。



しかし今回の旅で一番インパクトあったのは、
帰りのフェリーの中でチューチューしまくる韓国人カップル‥

もう今にもおっぱじめそうだし、すぐ脇を次男が走り抜けるし、本当ハラハラしました‥




終わります。